バレンタイン発祥の地・神戸と。

神戸・春節祭から帰宅。

先の日記にもありますが2月4日が立春。
この日が一年の始まりの月。

太陰太陽暦では新月の日が元旦。

本日2月14日バレンタインデーが新月のため元旦。


4時間という中途半端な時間の神戸フリータイムのお仕事。

ここ2年ほど神戸(しかもフリータイム)の仕事に当たる。
最近神戸を開拓しておらずそろそろ開拓したいと考えていたり。

でも・・・。
三宮や元町の駅の近くとかの人が多い場所は疲れるし…。
中央突堤近くにある『乙仲通』は結構気に入っていて神戸に行くとよく行くのよ。
古着屋がいっぱいで日当8千円なのに2万近く買い物したこともあったし。
神戸はやばい…。

開拓やめて髪切ろうかなぁ。
でも神戸の美容室のカット代は日当8千円の私にはきつい…。
でも旧正月だし、さっぱりしようかなぁ。
でも開拓したいなぁ…。

などと、神戸に行く3日前からぐだぐだぐだぐだ悩んでいまして。


 

 

 

 

66歳白髪・お腹ぽっちゃりの一人参加の男性『ナンチャン』(勝手に命名)が
私に近づいてきてこう言います。

「神戸はジャズ発祥の地なんですよ。
毎週日曜日、昼の2時から4時まで千円で(しかも)ワンドリンク付きで
ジャズがきけるお店が神戸にはあるんですよ。よかったら行ってみたら?」

なんちゅう素晴らしい情報!!!
捨てる神あれば拾う神あり!!!とはこのことか!!!


異人館入り口の北野坂通りにある『SONE』(ソネ)というお店。

入り口は小さいが中に入ると秘密基地のように広く。
品のよいお客様たちがここにはいます。

例えば・・・
「暖かいおコーヒーをひとつ。」

『おコーヒー』だそうです。『おコーヒー』。
はい、ご一緒に。
『おコーヒー』。

この日のステージ
清水ひろみ(Vo)
加納新吾(P)
神田芳郎(B)
岩高 淳(D)

不思議と音がなると身体はリズムを打つというか・・・わかりませんが
頭はいなくなったナカニシクンのことばかり考えうつらうつらでした。
これはもう、仕方がない。

いつの間にか私の横に座っていたナンチャンが1ステージ終わると
なぜかその店のオーナーに私を紹介し、二人で早々に店を出るのでした。

「友達と立ち食い飲み屋に行くけど行かない?」とまたナンチャン。
「行きます♪行きます♪」(やったぁ♪おごり♪)
と下心をひた隠しにして着いていくと元気な女の子が営む立ち食い飲み屋。
立ち食い飲み屋なのに椅子を用意され、私が注文しなくても次から次へと食べ物が出るのでガッツリがつがつ頂きましたよ。そりゃもちろん。

しかも店を出るとき
「じゃぁ、ここは任せましたよ。」という私は強い。
ごっちぉさ~ん♪

帰りはまた南京街を歩いてナカニシクンを探してみたりもしました。
悪あがきですがね。
ナンチャンも探してくれました。
無理でしたがね。



この日は朝から物をよくなくしていました。
高校時代にお母さんが買ってくれた手袋・右手。
使い勝手のいいお気に入りのボールペン。

でも手袋も家に帰ったら庭に落としていたらしく、戻ってきて
ボールペンもバス車内でなくしていたので一番前のお客様が
「落ちてました」と帰り間際に拾ってくれて。

後はナカニシクンだけです。

20日(土)にまた神戸です。
春節祭神戸フリータイム。今日と同じコース。
南京街をまた歩いてみます。
お店の人に聞いてみたりします。
無駄だと思うけどね。





とにかく、開拓したかった神戸をナンチャンのおかげで開拓できました。
千円で時間がつぶせる…と言うのも凄いし(笑)
ちょっとそれは失礼ですが。

立ち食い飲み屋の裏が場外馬券場です。
20日は(久しぶりに)競馬でもしようと思っています。

 

 

 

追伸:
ジャズが好きなナンチャンに6年ほど前から大切にしている新聞の切抜きを見せた。
『オーネット・コールマン』というフリージャズの巨匠。
ナンチャンもトランペッターらしく
「僕たちはみんなこの人に憧れていますよ。」とつばを飛ばしながら大興奮。
彼の『人間の知性は間違いを犯すものだが感情はもっと先を行っている。』
ということばがその時の私に響いたのかずっと大事に持っている。