『犬のリュウちゃん』のお話

 

 

『犬のリュウちゃん』のお話。
私が家の近くの、某大手電機会社に勤めていた頃。
そうですね…13年程前にさかのぼります。

家の近くだったものですから自転車で通勤をしておりました。
県道をとおらず車一台走れるほどの幅の裏道を、自転車で通勤しておりました。

その通勤途中に『リュウ』という犬を飼っている御家がありました。
私はそもそも犬に好かれる体質ではないのですが そこの犬『リュウちゃん』だけは私を見つけると体を起こし尻尾をフリフリふって吠えることなく私を見送ってくれるのでした。

帰宅時によくリュウちゃんと遊んでいました。
そばにあるテニスボールを投げてはリュウは勢いよく走りくわえ、私のもとに持ってきます。
私はそのテニスボールをまたなげてリュウはそれをまた勢いよく走り、くわえて私のところに持ってきます。
それの繰り返しです。
ず~っとそうやって遊んでいました。

会社を辞め、車一台走れるほどの幅の裏道をとおる機会も減り
私はリュウちゃんと遊ぶ機会を減らしてしまっていましたがそれは当たり前の出来事でした。

 

 

 

 

 

それでも時折 リュウちゃんの事を思い出しては車一台走れるほどの幅の裏道を車で通り
わざわざ車を降りてリュウちゃんをなでてやったりまたテニスボールで遊んでいたりしていたこともあったものでした。

リュウちゃんとの出会いは13年も前のお話。

昨年10月。
私の弟のような友達が東京から遊びにきてくれたことがありました。
彼の名前は『リュウ』というのです。
私は以前から人間の『リュウ』に犬の『リュウちゃん』を紹介したかったので
車一台走れるほどの幅の裏道を車で走り『リュウ』に『リュウちゃん』を紹介しました。
『リュウ』も自分と同じ名前の犬『リュウちゃん』にとても親近感を持ってくれていたようでした。

『リュウ』と『リュウちゃん』の大きな違いは
実は『リュウちゃん』は女の子であるということくらいで
人懐っこいところなどは本当によく似ているのでした。

けれどもこの頃の『リュウちゃん』はあの頃、テニスボールを投げて勢いよく走ってくわえて持ってきたあの頃とはずいぶん変わり、仕方のないことですが、勢いがずいぶんとなくなり、丸々しておいしそうだった体はずいぶんと細くなってしまっているのでした。

私はリュウちゃんがいつ私の前からいなくなってもいいように
私はリュウちゃんと遊ぼう と思うのでした。
私はリュウちゃんの身体をさわってあげよう と思うのでした。

年が明け。

車一台走れるほどの幅の裏道を車で走ってみるといつもの場所にリュウがいませんでした。
『あ~ぁ。』と私は思いました。

それからしばらくしてそこを通ったけれどもやっぱりリュウちゃんはいないのでした。

昨日(15日)。

私はリュウちゃんを飼っていた御家の方にお伺いをたてました。
中から奥様が出てこられ、私は怪しいものではないことを告げた後
「ここで飼っていたリュウちゃんのことでお伺いをたてました。」と伝えました。

すると
奥様は『リュウちゃん』という言葉にはっとなり息が一瞬止まったようで
目がいきなり淋しそうな瞳に変わってしまいました。
その様子を見、私は『あぁ、泣いていいんだ。』と感じ、奥様から顔をそむけ
それでもやっぱり涙を流すことをこらえながら
「通勤途中にいつもリュウちゃんとに遊んでもらってたんです。
犬に嫌われる私なのにあの子だけは吠えもせず。
ここを通るたび「リュウちゃん♪」と声をかけてたんです。
そしたらいつも尻尾を振りながらわざわざ出てきてくれてたんです。
私はリュウちゃんが大好きだったんです。
でも 年があげてここを通ったらいなくて…。」

奥様の話によると。
家を建てたら犬を飼いたかったようだったらしく。
リュウはある日、ここの御家に迷い込んできたようでした。
目がとてもかわいらしかったので奥様はいっぺんで気に入り飼うことにしました。
リュウは近所からもとても可愛がられていました。
そして奥様は結婚して11年、子供になかなか恵まれず。
しかしリュウちゃんが来た夏。男の子が授かったのです。

今この御家には『チーズ』という名前の犬がいますが彼もここに捨てられた捨て犬でした。
しかしチーズは人間不信らしく、人を見るとギャンギャン吠えるのです。
この奥様にもなつかなかったチーズはリュウちゃんにだけは甘えるのでした。

リュウちゃんはほんとうに心の優しい子なのでした。

奥様から「家族意外にこんなにもリュウの事を思っていてくださる方がいたなんて。」と言葉を頂きました。

私と奥様はこれが初対面なのです。

リュウちゃんにもう会えないのは淋しいですが。
でも私は後悔なくリュウちゃんと関われたことが自分でもほっとしているのです。







コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    たま (日曜日, 23 5月 2010 12:21)

    泣いたよー いいお話ありがと

    まどちゃんのブログから飛んできました
    松山のたまです 
    憶えてる?(憶えられないキャンベルさまw)
    えーと 日々さんから アミちゃんの所に一緒に歩いて行ったよ(^_^
    第一回の宇宙気功もうけたー


    素敵なブログだねー
    また、どこかでお会い出来ると嬉しいな