私を叱咤してくれた人

月の庭
月の庭

私がつむぎの村の祭りをやろうと心に決めさせた人。

三重県『月の庭』のオーナー『岡田昌』。

 

彼はもうこの世にはい。

 

この世にいない人間から『怖がらずにやれっ!』と叱咤された。

 

あの瞬間に心を決めて、焦点を絞って動き出した。

『心を決める』とまったくぶれることが無かった。

意味の無いことを続けてみることに心を決めること。

 

『雨天結構』とはよく書いたものだと自分でも思う。

 

『雨天結構』かぁ。 ふふふ♪

 

『雨天結構』だって(笑)

 

晴れたほうがいいに決まってるけど(笑)『雨天結構』か。

 

 

 

岡田昌の命の舞踏
岡田昌の命の舞踏

私の大好きなギターパンダは中ムラサトコが大好き。

中ムラサトコはギターパンダが大好き。

私は中ムラサトコもギターパンダも大好き。

 

中ムラサトコがつむぎでギターパンダをうっとり聞いている。

中ムラサトコと相合傘してギターパンダを一緒に聞いた。

中ムラサトコがギターパンダに「朝から一発やらせてもらった感じだよ。」と言っていた。

 

なんでもない一場面が私へのご褒美。

 

自閉の子がカルピスプレスリーを見て大爆笑していた。

 

ギターパンダを聞いたことも見たことも無い人が

ギターパンダに夢中になっていた。

 

 

まさるさんとかおりさん
まさるさんとかおりさん

 

中学の同級生が、子供を連れてきてくれていた。

受付スタッフがごいっちゃんの学校の生徒に受付を任せてくれていた。

 

いろんな出来事が交じり合ったつむぎでした。

 

手作りの石鹸が売られている会場でノエビアの化粧品も売られていたり

いろんな祭りでテンション上がると、ふんどしで踊りだすおじさんと

ごくごく普通の生活を営む人たちがその場に一緒に当たり前にいたり。

 

土臭い祭りにたくさん参加している人が初めてのつむぎを体験したけれど

「会場きれいだし、コンクリートあるし、普通の人いっぱいいるし…。

私なじめないかも…。」と不安がっている様子でしたが

最終、「またきたい。つむぎにまた参加したい。」とまんえんの笑みで後にしてくれていたり。

 

よくわかりませんが、いろいろ会ってそれらが近くにあっていいと思います。

おもしろいとおもいます。

 

まだまだ面白い世界を見てみたいと思います。

 

それから下の映像は、私に心を決めさせた人のお葬式の様子。

 

息子ミッキーは三線など弾いたことがなく 父が亡くなった日

「僕、お父さんのために何かしたい。」と三線を手に取り

ソウルフラワーユニオンの「満月の夕」を一晩、

ソウルフラワーの中川さんの指導の下 がんばりました。

 

昌さんを見送った08年12月12日。

その日はとても輝く満月の夜でした。

 

ありがとう。昌さん。

心を決めさせてくれて。

あなたがいてくれてよかった。

あなたがいてくれてよかったよ。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    あず (火曜日, 01 6月 2010 10:13)

    キャンベル・・・

    朝から泣いたよ。