2011年

7月

31日

からっぽの巣

いえのそばの新聞やさんのテントにツバメの巣があって。

ほんの1ヶ月前に3匹元気に巣立ったと思ったらまた帰ってきて卵を孵して(かえして)いた。


夜ともなるとママツバメは巣に潜り込み、ベビイと共に。パパツバメは巣のすぐそばで眠ってた。

卵をあたためていた頃もパパツバメはママツバメがいる巣のすぐそばで眠ってた。


この光景が好きだった。 駐車場から家に戻るまでにみられるこの なんでもない光景は私だけの時間だった。


ある日私は「あっ!」と声をあげ立ち止まり、そのまま立ち止まる。

まだ 産毛の まだ 卵からかえって1週間もたっていないのに…

ヒナが2匹。


2匹一緒にガーゼに包んで埋めた。


夜。


巣を見上げると、パパツバメのそばにママツバメがいた。
いつも巣の中でベビイと一緒に眠ってたママツバメは巣から少し離れて
パパツバメのそばにいた。

昨日、絵日記に君達の事を書いたばかりなんだ。


ベビイはいない。
明日もそこで眠るのかい…?